このサイトについて

転職を考える人へ

かつて日本には「終身雇用制」という制度が一般的に存在していました。
これは一度雇った人は定年まで雇い続ける、ということによって家族のような結びつきを社員との間に形成し、組織力を高めることに大きな影響を与えていたと言えます。
しかしながら、時代は代わり、現在において終身雇用制が担保されている企業というのはほとんど存在していません。
このような制度が成り立っていたのはバブル以前の好景気があったからであり、一度不景気に転落しその事がわかってしまった現代においてこれが成立しなくなっているのです。

終身雇用制の崩壊によって、滅私奉公の考え方というのも変わってきました。
これまではなんだかんだで一生その会社で雇ってもらえる、という安心感の担保があったからこそ、その企業に尽くすような仕事の仕方ができていたと言えます。
しかし、現代においてはその制度が崩壊し、そこまでの忠誠心を企業に対して抱く人も少なくなりました、抱く必要がなくなったともいえるでしょう。
御恩と奉公の関係と同じく、両者にとってメリットがある形でなければ成立しない働き方だと言えます。

そういった背景の中で、昨今では「転職」というものに対する見方も変わってきました。
終身雇用制の時代において転職を考えるということは非常に大きなことでありました、それこそ、会社に対する裏切り行為のような、強い批判を受ける行為でもあったわけです。
しかしすでにそのシステムが崩壊している以上、社員側も会社に対してそこまで気を使う必要がなくなりました、自分の人生のために、自分の生活のために転職を考えることに何ら負い目を感じる必要がなくなったといえます。

しかしながら、現在においても転職を取り巻く現実が厳しい状況にある事自体はそれほど変わっていません。
転職において厳しいポイントとしてまず挙げられるのは、日本の企業の多くが新卒者を優遇するような採用キャンペーンを行っていることです。
新卒であればそれだけ柔軟に仕事を教えることができる、ということからこの傾向が強いと言えるでしょう。
最近では既卒三年と言って、新卒から三年間については同様の扱いをするようになった企業も多くなっていますが、これはあくまでも初めての就職であることに限られます。

転職者に取って、この門戸の狭さをどう突破するのかというのは非常に重要な課題となるでしょう。
そしてもう1つの問題が、世間の転職に対する目というのがまだまだ厳しいものである、ということにあります。
転職をしたいという場合、今所属している会社での理解を得ることが非常に重要になります。
というのも、転職活動においては平日に動かなければならないことも多く、今の会社に協力的になってもらうことが出来なければそもそも転職活動を行うこと自体が難しいということになります。

となると、一度今の会社をやめてから転職活動に専念することになるでしょう。
そのためには転職が決まるまでの間生活出来るだけの余裕のある貯金を形成する必要があります。
この形成のためには数年掛かることになり、結果的に転職の旬を逃してしまう事になる可能性も十分あるでしょう。
バランスを取るのが難しく、結局面倒事を避ける形で転職を見送って、納得の行かない職場に勤め続ける事になる人も少なく有りません。

転職のポイント

では、実際問題転職をするとして、どのような転職が成功となるのでしょうか。
これについては1つだけの正解があるわけではなく、人によって答えが違っていると言えます。
そもそも自分が何故転職したいと思うのか、ということについてしっかり整理して考える事が重要でしょう。

転職を考える理由は人それぞれで様々な理由が存在しています。
例えば仕事量が多く体がもたない、という理由を挙げる人もいるでしょう。
これ以外にも、職場の人間関係が嫌であるというような理由や、仕事内容に対して待遇に不満がある、という理由を挙げる人もいます。
さらに、自分の力をより良く活かすことができる場所があるはずだ、と考えて転職活動をする人もいるでしょう。

転職における正解は、これらの自分の定めた転職に対する目標を達成することにほかなりません。
例えば人間関係が問題で転職を行った結果、給与や仕事量などは改善したものの肝心な人間関係が改善しなければ転職は失敗だといえるでしょう。
では、どうすれば転職を成功に導くことができるのでしょうか。

人間関係については少々特殊なこともあるものの、それ以外の部分については「情報収集」によってある程度カバーすることができます。
実際に入ってみて失敗した、というのではなく、入る前に各方面から情報を集め、その場所が悪くない場所であることを調べておく事が重要になります。
同じ業種での転職の場合にはこういった情報収集もある程度やりやすいでしょう。

また、別の業種に転職をする場合、その業種における現実的な仕事内容などについても把握しておく必要があります。
当サイトではこの「他業種」への転職にスポットを当て、それぞれの業種についての紹介を行います。