ファッションアドバイザー

時代によって変化する職業

ファッションアドバイザーという仕事は、主にコーディネート関連のアドバイスを行うだけの仕事です。

また、ファッションアドバイザーという名称の影響で、常にアドバイスを行っている人と思われていることが多くあります。
実際は、お客様があまり来店しない時間帯は会議に参加したり、もしくは、ショップの清掃に努めていることが多いので、常にアドバイザーとして在籍しているわけではありません。

さらに、現代ではTPOを踏まえてコーディネートのアドバイスを行えるのかといった、時代によって変化している部分に対して、どれほど柔軟に対応できるか試されることも増えてきました。
過去では、専門性の強い服を取り扱っているお店が多く存在し、若い人のみ来店するお店も存在していました。

このようなお店では、若い人が好んでいる雰囲気、しゃべり方などを要求されることがあるため、ファッションアドバイザーという仕事は、コミュニケーション能力が高い人ほど優位になるという特徴があったのです。
さらに、実際にトレンドを学んでいるだけでなく、活かせているのかも問われることが多い仕事です。
服の着こなし方をアドバイスできる、実際に着こなしているというふうに、生活の中にトレンドが入っているのかもチェックされるので、年齢によっては、ファッションアドバイザーという仕事をこなすのは、難しいと判断されることもあります。

スキルの磨き方は千差万別

実際に仕事のテクニックを学ぶ際は、未経験者としてアパレル業界に入っていくか、もしくは専門学校、短期大学で専門知識、技術を獲得しなければなりません。

また、未経験者としてスキルを磨けるのかというと、それは人によって大きな差が発生します。
例えば、高度なコミュニケーション能力を有しているので、カリスマ店員という扱いを受ける人もいれば、モデルとしても活躍しているので、そのキャリアを活かしてファッションアドバイザーとして活動されている方もいます。

さらに、現代ではコーディネートだけでなく、ファッションセンスそのものが試されることも増えてきました。
というのも、今では数え切れないくらいのファッションだけでなく、小物までもが存在しているからです。
これらを上手に取り扱う必要性もあるので、トータルコーディネートが可能な人物ほど、ファッションアドバイザーとしての地位、評価を高めている傾向にあります。

しかも、近年では語学力を求められることまであるので、求人に応募する際は、語学力を要求されるのかチェックしないといけません。
今では、日本への外国人旅行者が増えているので、このような人たちに対しても、コーディネート、もしくは服に関するアドバイスを要求されることがあるのです。