ネイリスト

女性にとって爪は大切

美容関係の職業として1つ目に紹介するのは「ネイリスト」の仕事です。
女性にとっては馴染み深いかと思いますが、ネイリストというのは要するに爪に対して美容行為を行う仕事のことを言います。
主な業務内容は「ネイルケア」と「ネイルアート」の2つに分類できます。

ネイルケアというのは爪のお手入れのことです。
表面を綺麗にしたり、形を整えたり、というように爪の状態を整えることによって綺麗に見えるようにすることが目的となります。
後述のネイルアートをより綺麗に見せるためにもネイルケアは重要な作業であり、軽く見ることはできません。
化粧における基礎化粧のようなものだと思っていただければ概ね間違いはありません。

ネイルアートは爪に対して彩色を行ったり、装飾を施したりする事を言います。
ただカラーリングをするだけではなく、最近ではビーズなどを埋め込むようなネイルアートも多く登場しています。
ラインストーンやアクリル樹種を使ったものなども登場しており、ネイルアートの世界は日々違った流行が登場している世界だといえるでしょう。
これらの流行について敏感に追い求め、それを実現出来るだけの技術を研鑽することが必要となります。

では、ネイリストとして活躍するためにはどのようなことが重要になるのでしょうか。
まずはネイルアートの実力というのがポイントとなります。
特に高い技術を持っているネイリストとして名を馳せることができれば、一時期の「カリスマ美容師」のようにカリスマネイリストとして自分を目当てに訪れる客を確保することができます。
ただ、ここまでのレベルまで上り詰めることができる人は数少なく、現実的であるとはいえません。

では、そこまでの才覚があるわけではない人の場合には何が重要になるのでしょうか。
それは「相手の話を聞くヒアリング能力」です。
ネイリストとして重要なのは、客がどのようなアートをしたいと思っているのか、どんな色のネイルにしたいと思っているのかをカウンセリングで聞き、それに応じて適切なアートを施すことにあります。
技術自体は十人並みでも、この能力に優れていれば一歩進んだネイリストとなることができるでしょう。

ネイリストとして仕事をする場合、ネイルサロンなどに勤務するという方法と、独立して自分で開業をするという方法があります。
言うまでも有りませんが後者の方が難しいことです。
自分で経営を行う場合、ネイリストとしての実力だけではなく経営者としての実力も必要になるため、技術はあるにも関わらず店が潰れてしまう、というようなことも少なく有りません。

ネイリストの資格

ではもう1つネイリストについての情報として、ネイリストの資格について紹介します。
ネイリストは国家資格がある仕事ではなく、民間の資格が幾つか存在しているだけで、これがなければ仕事ができないというわけではありません。
ただ、やはり技術の指標となることもあり、ネイルサロンに就職したい場合には大きな武器として使うことができるでしょう。
ここではネイリストの資格の1つとして、「ネイリスト技能検定試験」について紹介します。
>>公益財団法人「日本ネイリスト検定試験センター」

この試験は公益財団法人JNEC(日本ネイリスト検定試験センター)によって行われている検定試験です。
3級から1級まで存在しており、受験難易度が大きく違っています。

3級はネイリストとして基礎となる技術を身に着けていることを示すものです。
基本的なネイルケアとネイルアートを行えることの証明になります。

2級はネイルサロンで仕事ができるレベルの技術を身に着けていることを示すものです。
応用的なネイルケアや爪の修復(リペア)、チップを使ったネイルアートなども範囲に入ります。

1級はトッププロレベルの技術を持っていることを示すものです。
総合的な実力が必要とされるもので、全国でも4万人程しかこの資格を持っている人はいません。
合格率も40%以下と低くなっています。

You may also like...