オプティシャン

今では需要の高い仕事

オプティシャンという仕事ですが、稀にオプトメトリストと案内されることもあります。

ですが、どちらも同じ職業名なので、あまり気にする必要はありません。
そもそもオプティシャンとは、主に視力の測定を正しく行う人のことです。
このような仕事は、眼科医などが専門的に行っていると思ってしまいますが、オプティシャンの場合は、簡易的な視力測定、視力の異常などをチェックするのが主な仕事なので、眼科医と同じ仕事をするわけではありません。
眼科医の場合、目そのものに異常がないかを問診という形でもチェックしますが、オプティシャンはこのような仕事を行うわけではないので、人によっては、数分で目のチェックを終えることもあります。

オプティシャンの場合、視覚機能に問題がないかをチェックするが主な仕事ではなく、目に生じている問題を治すことが大事なので、視覚機能トレーニングといわれている仕事を主にこなすこともあります。
他にも、民間療法でどの程度の治療を行えるのかといった、目に関するアドバイスもオプティシャンの仕事です。
そのため、眼科に通うような形で治療を行うこともありませんし、専門的な治療を受けるというケースも稀なのです。

また、オプティシャンの仕事の中には、多くの人が体験しているものも存在するのです。
それは、視覚機能のチェックを眼鏡店、もしくはコンタクトレンズ店で受ける場合が該当します。
このようなチェックは、眼鏡店に在籍しているオプティシャンを通じて行われる、もしくは、オプティシャンがアドバイスを行いながら、眼鏡店のスタッフが行うという仕組みになっています。
オプティシャンのおかげで、実際にかけても付け心地が良い眼鏡、コンタクトレンズが手に入るため、今でもオプティシャンの需要は高い状況となっているのです。

誰でもなれるは信用しないほうが良い

オプティシャンの求人を調べてみると、必要な資格は存在しない、誰でもなることができるという案内を見かけることがあります。

ですが、このような情報は信用しないほうが良いでしょう。
というのも、オプティシャンになりたくてもなれない理由が存在するからです。
まず、昔に比べて接客業のキャリアを求められることが増えてきました。
というのも、眼鏡などのアドバイスを行う際、眼鏡店に勤務しているスタッフと一緒に対応するのではなく、すべて1人で対応しなければいけないケースが増えてきたからです。

つまり、オプティシャンの認知度が増してきているので、目に関するアドバイスは、オプティシャンに任せたほうが良いという考えが増えてきたのです。
そのため、誰でもなることができるという状況ではなく、キャリア、熱意なども必要という状況になっています。