スタイリスト

適切なスタイリングが求められる

美容関係の仕事として次に紹介するのは「スタイリスト」の仕事についてです。
スタイリストというのは女優やモデル、アーティストなどのテレビにでたり、ステージに立ったりする人に対して総合的なスタイリングを行う仕事のことを言います。
服やアクセサリーのコーディネートだけではなく、ヘアスタイルの合わせなどを行うこともあり、総合的な能力が問われることになります。

自分のセンスや能力は勿論のこと、現場の求めていることやクライアントの要望に合わせて適切なスタイリングを提供することが重要になります。
その点においてはネイリストと同じく、「ヒアリング能力」が重要になる仕事だといえるでしょう。

この仕事は比較的自由な仕事です。
フリーランスとして活動している人も多く、自分のスタンスに合わせて仕事を入れることができるでしょう。
ただ、その場合は実力主義の世界であり、全く仕事がないという事態に陥ってしまう可能性があることも考えなければなりません。
そのため、実力をつけて名前が知られるようになるまではスタイリスト事務所に所属して仕事をする、というのが一般的な方法です。

普通のサラリーマンなどと違って、勤務時間が特殊であることもこの仕事の特徴の1つです。
クライアントの要望によっては早朝や深夜に仕事をしなければならないことも多く、徹夜になってしまうようなこともあります。
世間一般では休日になっているような日に撮影やイベントが行われることも多いため、休日の日が合わない、というようなことも多いでしょう。

では、一般的なスタイリストの仕事における簡単な流れについて紹介します。
クライアントによってはいくつかの工程が飛ぶこともあるので、あくまでも参考としてご覧ください。

まずどんな仕事であっても、まずは「仕事の依頼を受ける」ことから始まります。
勿論自分から営業をして仕事を取ることも有れば、相手から直接依頼が入るということもあります。
基本的に名前が知られるようになる前は自分で営業をして仕事を取ることになるでしょう。

仕事の依頼を受けたら、まずはクライアントと「打ち合わせ」を行います。
この打ち合わせによってクライアントが求めていることを出来るだけ正確に掴む事が重要です。

次にその打ち合わせの内容に合わせて、衣装と小物の「リース」を依頼します。
リースというのは要するにレンタルのことです。
協力してくれるブランドに依頼を行ってリースを受けましょう。

そして当日になって、モデルへの「コーディネート」を行います。
その日のコンディションによってはアレンジを加えなければならない部分もあることがあるため、状況によって対応する能力が必要で。
この後、ステージや撮影などが終わったら、後片付けを行ってリースした衣装と小物の返却を行うと一連の仕事は終了となります。

どう仕事を始めるか

それでは、スタイリストとして仕事を始めるためにはどのような道があるのでしょうか。
最初からフリーランスで活動するというのであれば下準備は必要ありませんが、中々実績がない人に仕事を任せてくれる人はいません。
そのため、まずはプロのスタイリストにアシスタントとして付き、技術を学ぶと同時に顔を覚えてもらう事が重要になります。
スタイリストのアシスタントとなるには服飾関係の専門学校を卒業して応募するのが早いでしょう。

事務所で活動しているスタイリストにアシスタントとして付く場合には、事務所のアシスタント募集に応募して採用してもらうというのが一般的な形となります。
この場合、専門学校卒業を条件にしていることも少なく有りません。

フリーランスのスタイリストのアシスタントとして付きたい場合は、直接話ができるツテを確保することが重要です。
最近ではSNSなどを行っているスタイリストも多く、直接コミュニケーションを行うことができる手段は多くなりました。
これらを利用してアシスタントとして売り込みを行うのも良いでしょう。