代理店営業

保険業界に多い

営業職の種類の1つとして、「代理店営業」というものがあります。
代理店営業というのは自社の商品やサービスをより多くの人に提供するために、別の店舗に提供を依頼する営業職のことを言います。
直接販売するのではなく、販売してくれる代理店を探すという性質を持っているため、代理店に対してどれだけ自社製品のメリットを説明することができるのか、ということが重要なポイントとなるでしょう。

では、この代理店営業が行われるのはどのような業種に多いのか、ということについて紹介します。
まずは保険です。
最近では数おおくの会社の保険を販売している保険代理店も多く存在しており、こういった場所においてもらうというのが1つの営業スタイルとなっています。
より良い扱いで置いてもらうことができるように、自社製品の魅力を説明できる事が必要になります。

さらに、携帯電話の販売も代理店営業が多い業種の1つです。
携帯電話は多くの代理店が存在しており、そこで販売が行われるシステムとなっているためです。

自社で販売するのではなく、代理店を利用することで販売を行う形式にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは、自社の人件費を必要以上に圧迫する必要がない、というのが大きなメリットの1つとなります。
さらに、場合によっては新市場を開拓することが出来、急激なシェア獲得を行うことも可能であるという効果面におけるメリットも多いと言えます。

求められること

それでは、代理店営業にとって求められることにはどんなことがあるのかについて紹介します。
まず1つ目のポイントとなるのが「どこの代理店においてもらうのが良いのか」ということです。
代理店営業のポイントは、営業をする側としても相手がだれでも良いわけではなく、ある程度以上の水準を持っている代理店に頼むことが重要になります。
そこにおける営業成績や態度というのは引いては自社のイメージにもつながることになるためです。

さらに「ヒアリング力」を鍛えることも重要です。
自分達の商品についての課題点を探り、改善するために重要になります。