営業マン

男性が活躍する花形の仕事

様々な職種において、共通して存在している仕事であるのが「営業」です。
主にこの営業を專門に行う人のことを「営業マン」と呼ぶことがあります。
職種に関わらずこの営業職というのは「花型」と呼ばれることもある程、輝かしい仕事であるというイメージがあるでしょう。
主に男性が行う事が多く、女性は事務職、男性は営業職に回されることが多いと言えます、まだまだ男社会である会社が多いことがこれに関係しているでしょう。

それでは、営業マンに転職をしたいという場合、どのようなことについて考えるべきなのでしょうか。
まずはどの業種における営業マンを目指すのか、ということが重要になります。
営業マンは商品やサービスの販売を行うことが主な目的となります、そのため、自分が売っているもの、提供しているものについての知識がなければ相手を説得することはできません。
当然ではありますが自分の興味が無い分野のものよりも、興味がある分野のもの、造詣の深い分野のもののほうが説得する力も高くなるでしょう、その点も考えて職種を選ぶ必要があります。

ただ、営業マンとして成功するために最も大きなポイントは「テクニック」にあります。
相手に「買いたい」「使いたい」「お願いしたい」と思わせるようなテクニックがなければ、立派な営業マンとして成功することはできないでしょう。
そんな営業における最大のポイントとなるのは、相手から「信頼を寄せてもらうことができる」ということです。

営業に限ったことでは有りませんが、信頼ができない相手の話をマトモに聞くことはできません。
取引の内容が大きなものになればなるほど、営業マンがいかに信頼できる人物であるのか、ということが重要なポイントとなってきます。
この点も踏まえて、普段からの話し方にも注意するようにしましょう。

ギブアンドテイクで

営業マンは前述の通り「売ること」が最大の目的となっている仕事です。
しかし、この部分にとらわれ過ぎると、「買ってもらうこと」だけが目的になってしまうさもしい営業マンとして見られてしまう可能性があります。
これはひいては信頼の問題にもつながることであり、今後の営業成績にも影響を与えることになるでしょう。
営業マンはただ買ってもらうための仕事ではなく、「与える」仕事でもあることを忘れてはなりません。

一方的に自分が利益を得るのではなく、相手にどのような利益を与えることができるのかを考える事が重要です。
よく言われるのが「サンタ型の営業マンを目指すべきだ」というものです。
これは自分が得をすることを目指すのではなく、相手に得をしてもらうことを目指す営業マンを目指すのが良いという意味です。
こうした営業をしていると、自然と相手からの信頼も得られるようになるでしょう。

そのためにも重要なのが、相手が何を欲しがっているのか、そのためにはどのようなものが適切なのか、ということを見抜く力です。
それを見極めることが出来れば、押し引きも上手くなり、営業のセンスを高めることができるでしょう。
営業のセンスはひいては会話のセンスであり、もし今後別の職種に就く事になったとしても無駄にはなりません。
多くの仕事のベースとなる技術を学ぶことができるでしょう。