メディカル営業

専門性の高さ

営業職として最後に紹介するのは「MR」についてです。
MRというのはメディカルリプレセンテイティブの略で、「医療営業」や「メディカル営業」という名前で呼ばれることもあります。
製薬会社などに勤務し、医療用薬品を医師や薬剤師に販売するのが主な仕事ということになります。
では、このメディカル営業が通常の営業と違っている点としてどのようなことがあげられるでしょうか。

まずは専門性の高さを挙げることが出来ます。
上記のとおり扱うことになるのが医薬品や医療用器具ということになるため、それらの効果について客観的かつ具体的な説明を行うことが出来なければなりません。
かつ、顧客となる相手もプロであるため、生半可な知識では通用しないというのも難しいポイントであると言えます。
そのため、MRには資格制度があり、MR認定資格を取得することによって実力を示すことができるようになっています。

次に、社会貢献度の高さが挙げられます。
勿論どのような商品も社会に対して重要な役割を持っていることは間違い有りませんが、医薬品や医療用器具は特にこの傾向が強いと言えるでしょう。
命に関わるものを販売することができるというのが大きな達成感につながります。

そして、景気によって左右されない、というメリットもあります。
通常の商品の場合は景気が悪くなるとその分販売が落ち込むことになりますが、医薬品はどのような状況であっても需要があり、その点の影響を受けません。

分担で行う営業職

また、MRが通常の営業職と違っている点として、営業の全てを一貫して自分で行うわけではない、という点を挙げることが出来ます。
通常の営業職の場合には商品説明を行い、契約を取り、その後納品と代金回収まで自分が担当するのが一般的です。
MRの場合、この内納品と代金回収については担当しないシステムとなっている場合が多いでしょう。
こういった部分の仕事については、マーケティングスペシャリスト(MS)と呼ばれる人が担当するようになっています。

仕事量が少なくなるために楽に見えるかも知れませんが、自分一人で担当することが出来ないために交渉などにおいてMSとの連携を取ることが重要になります。
場合によってはともに行動することになる場合もあるでしょう。