CGデザイナー

平面から3次元まで

技術職として次に紹介するのは「CGデザイナー」の仕事です。
CGというのはコンピュータグラフィックスのことで、要するにコンピュータ上で様々なグラフィックを作る仕事ということになります。
平面的なものになる場合もあれば、三次元的なものになることもあり、奥行きのあるものを作れるだけの技術が必要となります。

では、CGデザイナーは主にどのような場所で活躍しているのでしょうか。
最近ではCGを使う機会が多くなっており、それだけ多くの場所で求められるようになってきました。
例えばインターネット上を見るだけでも様々な場所にCGが使われており、これらの作成にはCGデザイナーが関わっていることになります。

それ以外にも、映画やテレビ、アニメーションなど様々な世界においてCGの技術が必要とされています。
自分の得意分野を作り、売り込む事が重要になるでしょう。

CGデザイナーへの道

CGデザイナーは免許が必要な仕事ではないため、特別な資格がなければなることが出来ないわけではありません。
ただ、やはり専門的な技術やセンスを磨く必要があるため、いきなりなるのは難しい仕事と言えるでしょう。
多くの人がCGデザイン関係の専門学校に通ったり、美術学校に通ったりというような方法で勉強をして就職に向けて準備をしています。

実際、專門学校を卒業している場合、CGデザイナーとして就職できる可能性は大きく上がります。
独学の場合と違い、学校の卒業を持って実力の証明となっているため、多くのクライアントが安心して使いやすくなる、というのが大きなポイントとなります。

CGデザイナーとして仕事をするためには「デッサン力」や「根気」が重要です。
ただ、これ以上に重要なのが「向上心」です。
この世界は新しい技術が生み出されることが多いため、次々に現れる新しいものを取り入れるだけの力が必要となります。

You may also like...