ディスプレイデザイナー

今では需要が上がってきている仕事

ディスプレイデザイナーというと、今になって再評価されることが多くなってきたため、人によっては、ディスプレイデザイナーってどんな仕事?と思っている人もいます。

ディスプレイデザイナーとは、主に展示、陳列に携わる人のことを言います。
そのため、主に電気店などディスプレイを取り扱っているお店に対して、ディスプレイデザイナーは働きかけていると思われることが多いのです。
しかし、実際はディスプレイの魅せ方を研究している人であり、その専門的な知識を売り込んでいる人物でもあるのです。

例えば、ディスプレイをファンタジー感を強めて設置することもあります。
遊園地のディスプレイを想像されるとわかりやすいのですが、環境に合ったディスプレイの設置、飾り付けを企画しないといけないので、ベテランのディスプレイデザイナーほど、基本的に一人で責任を持って仕事を引き受けていることが多いのです。

最近では、スーパーマーケットでもディスプレイデザイナーの需要が高まってきました。
というのも、昔のようにアパレル、生鮮食品を陳列するだけの時代から、今では電気店も含めたショッピングモールが増えているからです。
ショッピングモールには数多くのお店が入っているのですが、ここでもディスプレイデザイナーの活躍の場が存在します。
店先のディスプレイ、もしくはショッピングモール入口付近のディスプレイなど、お店そのものを案内する、もしくはショッピングモール全体を案内する場面で、その知識、技能を求められることが増えているのです。

幅広く働けるのが魅力的

今では若い人の中にも、ディスプレイデザイナーを目指している人が増えてきました。

というのも、ディスプレイデザイナーは需要の高い仕事だからです。
そのため、転職において人気が高まっている状況となっています。
なぜ、今でも需要の高い状況で仕事が入ってくるのかというと、これからは、ベテランのディスプレイデザイナーが減っていくと指摘されているからです。
すると、中小のショップだけでなく、大型スーパーなどもディスプレイのデザインで困難することが増えてしまいます。

また、ディスプレイデザイナーは空間を演出できる人であれば問題ないため、コミュニケーション能力などを細かく問われるケースが少ないです。
そのため、あまり人付き合いが得意ではない人が、ディスプレイデザイナーに転職するという事例も増えてきました。
それと、資格は商品装飾展示技能士3級、2級、1級の資格を有している人であれば、ディスプレイデザイナーとして活動できますので、必須の資格がわかりやすいという面でも、ディスプレイデザイナーを目指す人が増えている状況です。