ファッションデザイナー

技術とセンスを必要とされる

技術職として次に紹介するのは「ファッションデザイナー」の仕事です。
ファッションデザイナーは洋服や靴、あるいは小物やバッグなども含め、ファッションに関係するもののデザインを行う仕事ということになります。
この仕事をするためには専門的なファッションの知識が必要であるだけではなく、センスも重要なポイントとなります。
さらに、自分のデザインを売り込むことができるような能力も重要になるため、ただ技術だけが有れば成功する、というような仕事ではありません。

ファッションデザイナーには大きく2つの種類が存在しています。
まず1つ目は「企業内デザイナー」と呼ばれる人達で、企業に所属して大量生産を行うための商品のデザインを行う仕事となります。
多くの人の目に留まる、大衆に受けるようなデザインを作ることができる能力が求められます。

もう1つは「オートクチュールデザイナー」と呼ばれる人達で、こちらは顧客から直接の依頼を受け、それに応じてデザインを行うという仕事となります。
自分の個性を出した作品などが売れる可能性が高くなり、独創的なデザイナーも多く存在しています。

前者の場合は勤め人となる場合が多いですが、後者についてはフリーランスで活動することになる場合も多いでしょう。
フリーランスということになると、どのようにして目に留まるのか、ということが重要なポイントとなります。
コンクールなどに参加して実績を作る、というようなことが重要になってくるでしょう。

ファッションデザイナーになるには

では、ファッションデザイナーになるためにはどんなことをする必要があるのでしょうか。
この仕事は特別な資格が必要なものではありませんが、持っていると有利な資格はいくつか存在しています。
例えばパターンメイキング技術検定などがそれにあたります。
ただ、これらの資格というのは「雇ってもらう」ために必要なものであり、フリーランスで活動する場合に必ずしも必要というわけではありません。

とはいえ、やはり専門的な知識や技術が必要な仕事であることは間違いないため、服飾系の大学や服飾系の専門学校などに通い、そこで学ぶことになります。
さらに、有名なデザイナーの元で助手として活動することになる場合も少なく有りません。

You may also like...