映画バイヤー

意外と知名度が高い仕事の1つ

映画バイヤーの知名度ですが、今では転職情報も含めて、以下のような理由で上がってきている状況です。

例えば、今では映画を鑑賞する人が増えています。
というのも、スマートフォン、テレビ、パソコンを通じて映画を鑑賞することが可能だからです。
身近なサービスとなっているため、映画バイヤーの存在も良く知られるようになってきたのですが、転職に関しても多くの人が興味を持つようになりました。

というのも、映画バイヤーの仕事は以下のようなシンプルな仕事だからです。
まず、バイヤーというのは買い付けを担当する人のこと、もしくは交渉人を指して使われることが多く、専門的な知識を活かして仕事をするというより、バイヤーとしての能力を問われることが多いです。

というのも、近年では買い付けを行う先が企業だけではなくなっているからです。
今では、オークションといった個人が商品を出品しているところで、映画バイヤーとして活躍するケースも増えてきました。
つまり、時代によって変化する売買のニーズを正しく理解していると、映画バイヤーとして大成しやすい状況にあるのです。
そのため、映画バイヤーは専門的な仕事というより、人によっては趣味の範囲内で活動できる仕事として、転職を希望される方も増えてきたのです。

他にも、試写会の関係者と交渉するのも映画バイヤーの仕事です。
この仕事の良いところは、好きな映画と関係を持てるところにあります。
交渉を重ねることで上映権を獲得できるようになるのですが、映画バイヤーとして、配給に携わることが可能というところは、好きな映画をもっと多くの人に知ってもらいたい人であれば、一度でも携わってみたいと思うものなのです。
そのため、映画バイヤーの知名度が今では高い状況になります。

少しずつキャリアアップできる

映画バイヤーという仕事ですが、そもそも専門的な資格が存在する仕事ではありません。

なので、とりあえず映画バイヤーになりたいという場合は、アルバイトからスタートしても問題ないのです。
ただ、今では語学力を要求されることが増えてきたので、そのことを良く理解しておくことも大事でしょう。

例えば、海外の人に対して映画バイヤーとして交渉するケースもあります。
前述の上映権を取得する際も、交渉相手に外国人が混ざってくることもありますし、外国人が日本語をしゃべれないこともあるでしょう。
しかし、こちらが卓越した外国語をしゃべれるようであれば、コミュニケーションを通じて信用を勝ち取ることもできます。
また、映画バイヤーはキャリアを要求されることは少ないです。
映画バイヤーの中には、個人との交渉が多い人も多く、今では多面的に働ける機会が増えているからです。