ゲームクリエイター

チームで作成している

技術職として次に紹介するのは「ゲームクリエイター」の仕事です。
ゲームクリエイターという言葉だけでは幅が広く、実際にはより細かく分類されているケースが多いでしょう。
「ゲームプロデューサー」「ゲームディレクター」「ゲームプランナー」などの仕事に分類されることが多く、場合によっては複数の仕事を担当することになる場合もあります。
基本的にゲームというのは一人で作るものではなく、チームで作成するものです。

多くの技術者によって作られることになるだけに、この連携を取ることがまず難しいと言えるでしょう。
実際、人間関係の問題によってゲームの出来自体に問題がでてしまった作品というのも世の中には数多く存在しています。

それでは、実際にゲームクリエイターとして仕事をする場合、担当することになる可能性がある仕事の種類について紹介します。
まずは前述の「ゲームプロデューサー」の仕事についてです。
ゲームプロデューサーはゲームの作成におけるスケジュールの作成やチームの編成、さらには予算の確保などが仕事となります。
上層部に掛けあって仕事を取ることも多い人であり、自分自身が作成する立場というよりも監督としての役割に重きが置かれることになります。

次に「ゲームディレクター」の仕事についてです。
ゲームディレクターはプロデューサーが総監督とするならば、現場監督にあたる人物です。
それぞれのチームにおける仕事の進捗がどうなっているのかを見て、それに合わせて全体のスケジュールを組むことが仕事となります。
適切な指示を出すことができる、指揮者としての能力が問われます。

「ゲームプランナー」はアイディアが重要となる仕事です。
プランナーは現在人気のゲームや、今後人気になりそうなゲームのジャンルを開拓し、マーケティングを行いながら新しいゲームについてのアイディアを提供することになります。
この他にも、グラフィックデザイナーやプログラマー、シナリオライターやサウンドクリエイターのように、実際の作成に関わる人達が多く関わることになります。

ゲームクリエイターになるには

それでは、ゲームクリエイターになるためにはどのようなことが必要になるのでしょうか。
下記サイトでは実際にゲームクリエイターになりたいと考えている少年少女達を対象に、様々な情報が提供されています。
子供向けの内容ではありますが、転職を目指す大人が読んでもためになる内容となっています。
>>ゲームクリエイターのお仕事「INDEX」

このインタビュー記事を見ていると、例えばディレクターをやっている人は最初からディレクター志望だったというわけではない、というようなことが書かれています。
自分がやりたいと思うクリエイトの分野と、現場に求められるクリエイトの分野が必ずしも一致するとは限りません。
基本的にはゲーム会社に就職し、その上で社内の人事によってやるべき仕事が決まることになります。
自分の可能性を狭めずに考える事が重要になるでしょう。