照明デザイナー

転職を行った人からの評価が高い

照明デザイナーとは、そのままですが照明のデザイン、設置などに携わる人のことです。

また、照明デザイナーは他業種からの転職者が多いことでも有名です。
というのも、今では照明デザイナーとして働ける機会が増えており、且つ、未経験者であっても働ける環境が整っているからです。
照明デザイナーの仕事は、個人宅だけでなく、企業などに設置されているライトアップ、イルミネーションの設計、もしくは設置に関する業務がほとんどです。

照明の交換業務や、パネルなど仕事中に使用する小道具も多いため、チームとして活動できるところも評価されています。
未経験者として照明デザイナーを目指す人の中には、チームとして活動できるので、先輩社員を頼りにして働けるところが良いと答える人も多いのです。
実際、今では人気の仕事の1つとして知られているので、他業種からの転職者が多いだけでなく、他業種から転職して成功されている方も多くいます。

それと、照明デザイナーはインテリアデザイナーのような仕事も受け持つことがあります。
個人宅の場合に、このような仕事の依頼が舞い込むことが多いです。
というのも、インテリアを買い揃えるお金はあっても、デザイン的にどのようなレイアウトにすると、インテリアを上手に設置できるのかがわからない、という個人も存在するからです。

なので、照明デザイナーは照明だけでなく、インテリアに関するアドバイスを行えるほうが、より即戦力として評価される傾向にあります。
また、技術者を望むことが少なく、主に美術系、芸術系の大学出身者を採用する傾向にあります。
今では、若い男女も照明デザイナーを通じて、インテリアを学ぶ、もしくはイルミネーションを学ぶ機会が増えてきました。
そのため、若い感性と向き合えるような人物が、転職してくるのを希望している企業が増えているのです。

今日まで得てきた知識が試される

照明デザイナーですが、国家資格が存在しない仕事の1つです。

ですが、今までデザイン関係の仕事に従事されてきた、もしくは、自分が作り上げた作品など、実績を有している人であればあるほど、評価されることが多くあります。
また、照明器具を販売していたなど、デザイン関係ではないけれど、アドバイスなどを行うスタッフとして勤務してきた人も、面接の際に評価されることが多くあるのです。
なので、少しでもデザインの知識を有しているのであれば、その実績を証明して評価を受けたほうが賢明でしょう。

それと、照明デザイナー関連の資格には、照明学会が認定する照明士、その他では、日本照明家協会が認定する照明技術者という民間資格が存在するので、関連資格がない仕事というわけではありません。