サウンドクリエイター

ゲーム業界との関わりが強い

サウンドクリエイターは、ゲーム、もしくはアニメのサウンドを作り上げる人のことです。

また、サウンドクリエイターは映画産業との関わりもあると言われていますが、ゲーム業界、アニメ業界といった、子ども向けのクリエイティブな仕事に就くケースのほうが多くなっています。
それと、サウンドクリエイターはBGM(バックグラウンドミュージック)を優先的に仕上げるのか、それともSE(サウンドエフェクト)を仕上げるのかはハッキリとしていません。

というのも、能力によって仕事内容が大きく変化するからです。
転職の場合は、能力を試すという形で簡単に作れるSEから、実績を得ていくというケースが多いでしょう。
しかし、すでに実務を経験されている人であれば、BGM、SEを同時に担当することもあるのです。

そもそも、ゲーム業界、アニメ業界で活動されている人は少ないので、少ない人数で構成されているプロジェクト内で、決まった作業を納期までにこなす必要があります。
つまり、無駄な人材はまったくいないケースが多いので、仕事に関しても、確実にこなせるものから順に任されるということが多いのです。
ちなみに、サウンドクリエイターはチームで活動するケースが少ないので、個室に近い作業環境で1人で仕事するケースも珍しくありません。
なので、転職を検討している場合、どのような作業環境で勤務することになるのか、このことを面接時に尋ねておくのも大事でしょう。

転職の際の注意点など

サウンドクリエイターの注意点として、ゲームサウンドクリエイターと混同しないように注意してください。

ゲームサウンドクリエイターの場合、ゲームサウンドクリエイターではなく、音屋という名称で募集がかかっていることもあります。
ですが、高度な技術者としてクリエイターの募集がかかっているので、良く見ると、資格、実績、大卒以上といった能力を問われるケースも多く、簡単に転職できないことも多いのです。

このようなケースは、大手ゲーム会社、もしくはアニメ会社に転職する際に発生しやすい問題です。
サウンドクリエイターの転職を検討している人は、サウンドクリエイターの仕事はすべて似通っているという思い込みを持たないようにして、転職を行うようにしてください。

それと、サウンドクリエイターの中には、個人として活動されている人も存在します。
サウンドクリエイターだけの会社が存在し、独立という形でフリーで自分の作ったBGM、そしてSEを売り込んでいる人もいるのです。
なので、サウンドクリエイターの魅力は自由に活動できる、もしくは、将来的に独立を目指すこともできるところにあるといっても過言ではないでしょう。