WEBデザイナー

機能性やコンセプトが重要

技術関係の職業として最初に紹介するのは「WEBデザイナー」の仕事です。
まずそもそもこの仕事がどのようなことをする仕事のなのかについて紹介します。
WEBデザイナーはクライアントからの依頼を受けて、様々なウェブサイトのデザインを行う仕事となります。
デザインというとどうしても「アーティスティック」なものを想像してしまいがちですが、ウェブサイトのデザインにおいて重要なのは見た目だけではなく「機能性」や「コンセプト性」なども重要なポイントです。

クライアントの要望に合わせてウェブサイトのデザインを行う事が必要になるため、まずはクライアントからの要望をしっかりヒアリングし、打ち合わせをする能力が必要になります。
ただ、ウェブデザインの仕事は一人で行うものではなく、社内で協議を行いながら決めていくものです。
チームでの作成が基本となるため、デザイナー以外のプログラマーなどとも連携を取りながら、実現可能性や予算の問題などを解決することも必要となります。

では、具体的にWEBデザイナーが行うことになる仕事としてどのようなものがあるのかについて紹介します。
まず重要な仕事となるのが「全体のデザイン」です。
ウェブサイト全体をどのようなものにしたいのか、ということをコンセプトを元にして決定し、テーマカラーやレイアウトなどを作ることになります。
クライアントの要望に添って、求めているものを演出する必要があります。

次に、「コーディング」の仕事があります。
コーディングというのは要するにプログラミングのようなものだと思っていただければ良いでしょう。
ウェブサイトを構築するために必要となるパーツを特殊な言語によって入力することになります。

さらに、「オブジェクトの作成」も仕事の1つとなります。
例えばページ上に表示される写真の撮影や、動画として使うためのアニメーションの作成などがこれに当たります。
これについてはデザイナーが担当する場合もあれば、他の専門職の人が担当する場合もあります。

ウェブデザイナーになる

それでは、実際にこのWEBデザイナーを目指す場合、どんなことが必要になるのでしょうか。
下記サイトには実際に未経験から転職を成功させた人の体験が紹介されています。
>>未経験からWebデザイナーになるには「あっきー転職ノート」

WEBデザイナーとして重要なのは、センスと技術と聞く力です。
この内、センスと記述については何度もデザインを繰り返していく内に作られていくものでもあります。
そのため、まずは自分だけでウェブデザインを行い、実際にサイトを作ってみることを繰り返すのが良いでしょう。

ウェブデザインの仕事は良くも悪くも実力主義の世界です。
独学で研鑽をした場合であれ、実力があるデザイナーだと認められることができれば仕事を得ることが出来ます。