調理師

需要が必ずある

飲食業関係の仕事として次に紹介するのは「調理師」についてです。
この仕事は名前の通り、直接調理を担当する仕事ということになります。
食品の調理を行うことになる飲食店においてはどこでも需要がある存在であり、先細りを心配しなくても良い職業の1つと言えるでしょう。

調理師はどういった場所で仕事をするのかによって呼ばれ方が変わることもあります。
例えばレストランで働くような場合にはシェフと呼ばれることになるでしょう。
寿司屋や日本料理店で働く場合には板前、というように呼ばれることもあります。
ちなみに「調理師」と名乗ることができるのは調理師免許を取得している人だけであり、呼称独占の資格となっています。

それでは、調理師としての仕事はどのようなものになっているのでしょうか。
調理師の仕事は「下積み」が重要な仕事です。
始めのうちは自分で料理を担当することはあまりなく、皿洗いや食材の用意、下処理などの雑用から行うことになるでしょう。
慣れてくるに連れて盛り付けを任されるようになったり、まかないを担当するようになったり、とやることが多くなってきます。

一人前になるまでには数年掛かることも少なく有りません。
実力を持った調理師となるためには、長い時間を掛けてじっくりと学ぶことが重要になります。
これらの雑用は精神的な意味があるだけではなく、実際に食材の管理や衛生上の注意なども重要なポイントであるため、それらを学ぶために必要なことです。
基礎がなっていないと応用が出来ないため、そこを学んでからスタートを切ることになるわけです。

免許の取得

それでは、調理師免許の取得の方法について紹介します。
調理師免許の取得は調理師学校に入学し、1年以上勉強して卒業すると取得することができます。
受験などは必要なく、卒業の時点で免許を習得することができる仕組みです。

もう1つの方法として、2年以上の実務経験を積んだ後に調理師試験を受験し、合格するという方法があります。
独学で勉強をする必要があるものの、学校に通わずとも取得することができる仕組みとなっています。
学歴における制限なども存在していないため、義務教育卒業が最終学歴であっても免許を習得することは可能です。