栄養士

バランスを考えて管理や食事の提供を行う

飲食業関係の仕事として最初に紹介するのは「栄養士」の仕事についてです。
栄養士というのは飲食を提供する様々な施設に於いて食事の栄養バランスの管理や提供を行う仕事のことを言います。
自分で調理を行う場合もあれば、あくまでも栄養管理や献立の提案だけが仕事となる場合もあり、その点については職場によって異なっている点には注意が必要です。

それでは、栄養士が行うことになる主な業務内容について紹介します。
まず最初の仕事として重要になるのが「食事の管理」です。
栄養士が仕事をすることになる場所として例えば学校や病院などがあります。
こういった場所では特に「成長期に必要な栄養バランス」や「療養に必要な栄養バランス」などを考えながら献立を考えなければなりません。

当然ではありますが、ただ栄養バランスがよいだけで美味しくない料理になってしまうのでは残されてしまうために本末転倒です。
栄養バランスを整えつつ、美味しい料理であるためにはどのような物にするべきか、ということを総合的に考えられる能力が必要となります。

また、盛り付けなどについても指導を行うこともあります。
レストランなどではこれらの仕事を任された上で、調理も任されることになる場合が多いでしょう。

もう1つの大きな仕事であるのが「栄養指導」です。
これは個人の体調や健康状態に合わせて、望ましい食事のバランスについて指導を行う仕事となります。
例えば肥満傾向がある人に対してダイエットができる食事の提案を行ったり、糖尿病を傾向がある人に改善をするための食事の指導を行ったりします。
栄養についての知識がなければ適切な指示を行うことができないため、知識と経験が必要になります。

では、主に栄養士が活躍することになる現場について紹介します。
前述の通り、学校や病院、レストラン等が主な活躍の場となるでしょう。
栄養士は女性が多く、結婚育児などでリタイアする人が多いために比較的常に求人がある仕事です。
「栄養士」だけの求人であれば自分も調理することになる現場で働くことが多いでしょう。

さらに上位の資格である「管理栄養士」である場合には、より管理的な立場に立って指導を行う事になる場合が多いと言えます。
食事を提供する場所であればどこでも必要性がある仕事であり、今後も需要が低下することがないであろう仕事の1つと言えるでしょう。

栄養士の資格

それでは、栄養士の仕事に就くために必要な「栄養士資格」の取得方法について紹介します。
栄養士資格を取得するためには、大学や短大で栄養士養成課程を修了することが必要になります。
試験などは必要なく、卒業の時点において免許を取得することができる仕組みとなっています。
ただ、この栄養士養成課程のある学校は通信学校や夜間学校は存在しておらず、全日制の学校しかないため、仕事しながら取得をするのが多少難しいと言えるでしょう。

少なくとも2年勉強をする必要があります。
高校卒業後最速で取得したとしても20歳になる、ということを覚えておきましょう。

さらに上位資格である管理栄養士資格を取得する場合、栄養士資格を取得した上で管理栄養士の国家資格試験に合格しなければなりません。
管理栄養士試験の受験資格として、栄養士資格取得後に1から3年の実務経験を積んでいることが上げられています。
四年制大学で取得した場合には1年、短大專門学校の場合には2年、2年制学校の場合には3年必要です。