フードコーディネーター

プロデュースをする

飲食関係の仕事として次に紹介するのは「フードコーディネーター」についてです。
このフードコーディネーターの仕事というのはいわゆる裏方であり、あまり表に立つ事が無いためにどのような仕事なのかわからない人も多いのではないでしょうか。
フードコーディネーターは食品や飲食店のコーディネートを行い、プロデュースすることが主な仕事となります。

例えば新しい飲食店から依頼を受け、メニュー開発を行ったり、店内のレイアウトの相談に乗る、というような仕事をすることになります。
また、テレビや雑誌などのマスメディアからの取材がある場合にはより良い状態にするためのポイントを教えたりすることも少なく有りません。

食事というのはただ舌で味わうだけではなく、雰囲気によって味わうものでも有ります。
店の雰囲気をよくすることによって、美味しい料理をより一層良い物に見せる、というのがフードコーディネーターの最終的な目標となるでしょう。
同じ値段で同じようなたべものであれば雰囲気の良い方に集客が集まるのは当然です。

裏方であるフードコーディネーターの仕事はとても大切な仕事といえます。
食事を通して人々の気分も変えられるといっても過言ではないでしょう。

では、フードコーディネーターの活躍の場はどのような場所に広がっているのでしょうか。
前述のように飲食店のプロデュースを行う以外に、食品メーカーなどで新メニューの開発に関わるようなこともあります。
実力がある人と認められると企業の側から声が掛かることもあり、安定した仕事を得られるようになるでしょう。

さらに、料理教室を主催する、というような人も少なくありません。
フードコーディネーターとなる人は多くが自分自身が料理をすることを好きな人であるため、講師として仕事をすることも多くなっています。

フードコーディネーターになるには

では、フードコーディネーターになるにはどのようなことが必要になるでしょうか。
フードコーディネーターには特別な資格などが必要ではなく、明日からいきなりフードコーディネーターになる、というようなことも不可能ではありません。
実際多くの人はフリーランスとして活動しており、どこか1つの会社に所属している形ではない場合がほとんどです。

そのため、自分の実力を示す事が何より重要なポイントとなるでしょう。
地道に営業をして仕事を獲得しながら、よりよい仕事に繋げる努力が必要になります。