料理研究家

テレビや雑誌でよく見かける

飲食関係の仕事として最後に紹介するのは「料理研究家」についてです。
テレビや雑誌などでスポットライトを浴びている料理研究家と呼ばれる人も多くいますが、この仕事はどのようなことをする仕事なのでしょうか。
名前の通り、料理を研究し、新しい料理を開発するのが主な仕事ということになります。
ただ、どのような料理を研究して追求していくのか、というのは人によってまったく違ったスタンスがあるでしょう。

例えばともかく美味しい料理を追求するという形で仕事をしている人もいれば、栄養効率のよい料理を追求する、ということを目的にしている人もいます。
和食を極めようと考えている人もいれば、和洋折衷の新しい料理を開発することを目的にしている人もいるわけです。
料理研究家として仕事をする場合、まずは自分がどのような分野で料理を研究するのか、ということを考えなければなりません。

また、実際の料理研究はやはり実地の料理によって行われるものです。
何度も何度も考えている料理を繰り返し、失敗しながら正解に近づいていくことが重要になるでしょう。
自分の主観だけでは良い料理になっているかどうかわからないため、パートナーを作って味見をお願いする、というような方法を取っている人も少なくありません。

料理研究科としてもう1つ重要なポイントであるのは、自分の研究の成果をいかにして公表するのか、ということです。
インターネット上に自分のブログを作って公開しているような人もいれば、雑誌やテレビなどで公表しているような人も少なく有りません。
伝えられる手段をいかに確保し、それを収入に繋げるのかが重要になります。

料理研究家になるには

料理研究家になるために必要な資格というのは存在していません。
そのため、自分が料理研究家であると名乗れば料理研究家になることが出来ます。
ただ、それを実際の仕事として結びつけることができるのかどうか、というのはまた別の問題となります。

完全にフリーランスとして仕事をすることになるため、調理師や栄養士のような資格を持っている、「裏付けるある人」が好まれることが多いでしょう。
ただ、長年の主婦生活から学んだ料理スキルを活かして料理研究家に転身しているような人も多いため、一概に資格主義というわけではありません。