外国人向け

多言語切り替え機能

日本は外国人からして、どのような国に見えているのでしょうか。
経済的に豊かな国である、という考えから日本に仕事をしに来る人も少なく有りません、いわゆる出稼ぎ労働者です。
しかしながら、その結果日本での仕事の悪さに嘆いている人も少なくないのです。

日本は「納期を守るが時間を守らない国」であるとよく言われます。
これはクライアントに対する期限は守るものの、労働者の時間については頓着しない、という皮肉です。
「始業時間は守るのに終業時間は守らない」というように言われることもあります。

このような環境が続くようでは、日本における外国人労働者の取り入れは難しいと言わざるをえないでしょう。
外国人は勿論のこと、日本人に対しても正しい労働環境の整備が求められる状況になっています。

仕事の探し方

そしてもう1つ外国人が仕事を探す上で困るのが、外国人を雇ってくれる会社がどこで有るのかがわからないということです。
日本語が話せるのであれば仕事ができる範囲が広がりますが、英語しか話せないというのであれば仕事場は限られてきます。
まずはそういった点も含めて、外国人を雇用してくれるような企業を探す事が重要になります。
そのために利用できるサイトも登場しており、こういったものを利用すると比較的探しやすいと言えるでしょう。

通常の転職サイトと違っているのは、多言語切り替え機能が付いている場合が多いことです。
自分の国の言語で仕事探しをすることができるため、より自分の要望に沿った仕事探しができるようになります。
わからない言語で仕事探をした結果、自分が思っていた仕事と違った、というようなことを減らすことができます。
まずはこういった部分から外国人労働者向けの情報提供ができるようにしていく必要があるでしょう。

You may also like...