転職の活動期間について

平均の転職活動期間

実際に転職活動をした人の活動期間についてのアンケート調査によると、転職活動を開始してから内定が出るまでの期間の平均は約3ヶ月程度とされていました。

ただし中には1ヶ月以内に決まったという人もいれば、1年以上も続けているのになかなか職が決まらないという人もいるので、一概にいつまでとは言えません。
一つ言えることは、この3ヶ月という期間は目安として大きな区切りとなっており、3ヶ月以内に決めることができなかった場合、その就職活動は長期化する可能性が高いというのが定説です。

なぜ3ヶ月かというと、転職活動の一連のサイクルとなる「情報収集」「業界研究」「求人検索」「申込み」を経て複数の企業に面接を申し込むということを行うと、ちょうど3ヶ月くらいで一周するようになっているからです。

もちろん根気のある人は、3ヶ月を過ぎても思うような転職先が決まらない場合は何度も面接を受けたり、新しい求人を探したりするでしょう。
しかし、あらかじめ自分が希望する職種がある人の場合、だいたい3ヶ月くらいでそれらに対しての活動が一巡するのです。

もし3ヶ月以上かかっても手応えのある成果がないという場合は、そもそも希望している求人や職種にミスマッチがあるのではないか、ということを振り返ってみる必要があるでしょう。

年代別の目安期間

就職活動の適切な期間のもう一つの目安となるのが年代です。
20~30代の人材は転職先となる企業にとっても即戦力となる需要の高い人達なので、フットワークを軽く転職活動をしていくことが望ましくなります。

とはいえ20~30代ではまだ貯蓄などもあまりありませんし、長期的に無職状態が続いてしまうのはキャリアとしても問題があるので、在職中から次の仕事について考えておくという下準備が必要になってくるでしょう。

在職中から転職活動をしていくのであれば、3ヶ月という期間よりも早めに決めることを目指してみてください。
在職中に決めることができれば実質的に就職活動のみにかかる期間は0ですみますし、速やかに次の仕事に移ることができます。

現職が忙しすぎて在職中では十分な就職活動ができないという場合は、思い切って退職をしてから探すという方法もあります。
ですがその場合、無職期間の生活をどうするか、もし思うように職が決まらなかった場合はどうしていくかという別の問題を考えなければいけません。

希望期間で終わらせるコツ

3ヶ月という期間で設定した場合、希望の期間で就職活動を終わらせるためには、まずスケジュールを作ることが重要になります。
あらかじめいつまでに職を決めたいかということを設定して、その日までに決めるつもりで求人などの情報を集めていくようにしましょう。

転職活動が長引く原因となっているのはそうしたスケジュールが行き当たりばったりになっている場合が多いので、まずは短期的な目標設定をしてみてください。