円満退職をするコツ

円満退職までの計画

転職活動をするときに、意外に苦労をするのが退職のための手続きです。
最近では「退職代行」として本人に代わって退職に必要な手続きをしてくれるサービスも登場しているくらいですので、退職までにかなりの精神力を疲弊してしまうことが伺えます。

転職活動も大事ですが、退職についてもきちんと計画をしていかないと元の職場で大きなトラブルになってしまうことがありますので、事前にしっかりとした根回しをしていかないといけません。

まず一つ知って起きたいのが、法律では退職をする2週間前までに退職の意思を伝えなければならないことになっているということです。
ドラマなどであるような退職届を上司の机にたたきつけてその日で退職というのは、会社手続きとしては認められていません。
例えば横領などにより懲戒解雇になる場合であっても、解雇の通告はきちんと一定期間をおくことになっているので、少なくとも1ヶ月前には退職の意思表示はしておきたいところです。

ブラック企業と言われるところでは退職をしようとする人に対して脅迫的なことを告げたり、やめるなら損害賠償を請求するといったことを言ってきたりすることもありますが、それも違法行為です。

もしどうしても退職手続きを取ってくれないという場合は、内容証明郵便など証拠が残る方法で退職願を会社宛に送付をすれば、そこで雇用契約は強制的に終了となります。
とはいえ、できれば退職は円満に行いたいところなので、あまり争いにならないよう事前に退職の意思を伝えたら、必要な引き継ぎはしっかりしておくようにしましょう。

退職前にすること、ポイント

退職手続きで最も難しいと言ってもよいのが、退職の意思表示をするタイミングです。
会社の就業規則で退職の意思はいつまでに示すか決められている場合が多いですが、できれば退職したい日の2ヶ月前くらいには上司に相談という形で示しておくようにしましょう。

いきなり退職願を出すのはNG!また直属の上司がいる中で同僚などに話してしまうと、上司の立場に影響がある場合も。人間関係でギクシャクしないためにも、退職日の2カ月程度前に直属の上司に相談するのが良いでしょう。
引用:保育士の求人なら保育のお仕事

その後1ヶ月前までにはどういった形で退職をするか話し合い、引き継ぎをしていくようにします。
退職の日には挨拶状を配ったり、お世話になった取引先に退職することを自分から告げておくと、転職後に人脈としてつながっていくことも可能となるでしょう。

できるだけ遺恨を残さないように退職をするためには、退職の申し出をできるだけ冷静に行うことが重要です。
そのためいきなり退職願を上司につきつけるのではなく、先に相談という形をとってから必要な日に作成しておいた退職願を提出していきましょう。

なお、退職時には勤務中に支給された制服やID、スマホなどの機器類などを返還することになっているので、あらかじめ何を返すことになるかリストにして漏れがないようにしてください。
この手続に抜けがあると、退職後に何度も連絡をとらなければならなくなります。