職務経歴書を書くポイント

力の入れ処、考え方

職務経歴書は、転職をするときに提出することになる重要な書類の一つです。
新卒で就職活動をした人にとっては、最初に提出する書類は履歴書とエントリーシートでしたが、一旦就職をしてから別の会社に転職をするという場合には新たに職務経歴書を作成しなければいけません。

一般的な転職活動では、まず最初に求人に対して連絡を入れたのちに必要な書類を送付します。
書類の内容を採用担当者がチェックをして、求人内容に適したスキルがあると判断された場合に次の面接に進むことになるでしょう。
話術に自信のある人などは面接でアピールするから書類はあまり重要ではないと考えるかもしれませんが、そもそもとして書類選考で落とされてしまっては面接の技術は関係ありません。

そこでまず知っておいてもらいたいのが、採用担当者は職務経歴書のどんなところを見ているかということです。
よく見られる部分をより丁寧に仕上げることができれば、書類選考に通る可能性がぐっと高くなるでしょう。

職務経歴書でもっとも力を入れるべきポイントと言えるのが、過去の実績をできるだけ正確に伝えるようにするということです。

就職活動をするときにはできるだけ自分のよいところをアピールしたくなりますので、どうしても自分にとって都合の良い部分だけをピックアップしたくなります。
ですが採用担当者が見たいのはそうした都合のよい内容ではなく、実際にどんな活動をしてきたというキャリア像です。

なので職務経歴書を作成する時は、「いつ(どれくらいの期間)」「どんな場所・部署」「どんな仕事をしてきたか」という5W1Hを意識した書き方をしてください。
わざわざ自分にとって都合の悪いことを記載する必要はありませんが、隠すような書き方をしてしまうと何かまずいことがあるのではないか、という不審の念を与えることになってしまいます。

アピール方法

そうした点を踏まえて、職務経歴書でアピールすべき点として、自分の過去の経歴のどういったところがこれから就業を希望している課に適しているかを考えましょう。
営業など、同じような職種で転職するという場合であれば、自分が過去どのような営業方法をしてきてどんな実績があったかを示せばよいのです。

全く異なる課への転職の場合も、過去に自分がしてきたことの適性が、新しい分野にどのように活かせるかということを明確に示すことができれば、かなり大きなアピールポイントとなります。
特に直接的に技術が求人内容に適合していない場合も、自分がどういった経験からその求人に応募しようと思ったかや、どんなふうに働きたいかということを具体例を示して書類にまとめることができれば、印象もよくなります。

いくら過去によい実績があっても、それが新しい求人にマッチしていなければ意味がありませんので、その点は十分注意したいところです。