アルバイト採用から正社員を目指す方法

正社員登用までの流れ

現在フリーターや契約社員として仕事をしている人にとっては、将来的に正社員になるチャンスがあるかどうかは重要な問題です。

アルバイト・パートとしての勤務の場合、基本的に時給で給与が計算されることから、働いた日数や時間が長くなるほど多くの給与を受け取ることができるというメリットがあります。
また業務の内容も決まっており、自分の権限以上の仕事を任されるということは通常のアルバイトではないでしょう。

一方で、正社員となることで給与は固定給と残業代として計算されるようになり、社会保障や福利厚生を受けることができるようになります。
仕事の責任も一気に重いものになりますし、何か問題が起こった場合は勤務時間外でも対処をしていかなければならない場合があるでしょう。

それでも正社員となることで社会的な地位も高くなり、生涯年収はかなり大きく高くなるメリットがあります。
昇給や昇進もあり、その他手当がつくようになるので、長く一箇所で勤務をするのであれば早めに正社員を目指した方がよいでしょう。

最近ではアルバイトからスタートした人材を正社員登用するという企業も増えてきており、アルバイトの求人にも「正社員登用あり」という文言が目立ってきました。
アルバイトから正社員になる時には、社内の昇級試験を受けるかもしくは自分が勤務をしている店舗の店長などに推薦をしてもらうことになります。

飲食店や大手チェーン系の小売店ではあらかじめアルバイトから正社員になるためのステップアップが前提になっていることもあるので、勤務をするときにはその内容についてチェックしてみるとよいでしょう。

正社員登用チャンスが多い業界

アルバイトから正社員採用が多い業界としては、飲食業界やサービス・レジャー業界、さらにアパレルや小売業界があります。

これらの特徴は、実際に店舗で運営をする時に正社員数人に対して大勢のアルバイトが勤務をしているということです。
実質的に作業をしているのはアルバイト店員であることから、現場を知ったベテランバイトから正社員を登用するという流れが自然にできるようになっています。

また最近では専門職である会計士・税理士の求人サイトでもアルバイトから正社員採用をしている事務所が増えてきました。資格が必要となる会計士や税理士ですが、働きながら資格取得のための勉強ができる環境になっているところもあるので気になる人はチェックしてください。

正社員登用制度ありの注意点

注意しておきたいのが、正社員登用制度があるからといってアルバイトから自動的に正社員になれる訳ではない、ということです。
また、まれに「正社員登用あり」と求人に記載しておきながら、過去にはそうした実績がまったくないという企業もあるので、どれくらいの割合で登用があるかは調べておく必要があるでしょう。

逆に表向きには正社員への登用制度があることは示していないものの、アルバイトとして長く勤務をしている人材を定期的にチェックをして、人事から声掛けをするというパターンも見られます。
正社員登用については店長に相談をしてみることで可能かどうかの判断ができるでしょう。