仕事を辞めたいと思ったら…

転職活動をする前に考える事

現代は、新卒で入社した人のうち、3年以内に半数近くの人が退職をする時代です。
せっかく苦しい就職活動をくぐり抜けてやっと希望の就職をしたものの、実際に勤務をしてみたらそれまで考えていたものと違っていたということはよくあります。

転職をすることは必ずしも悪いことではありません。
自分の本当にやりたいことが見つかったり、あまりにも考えていた就業環境と異なるものであった場合には、若いうちに進路を変更するということはよい方法です。

しかし一方で、何か一つ壁にぶつかっただけですぐに転職ということになってしまうと、いわゆる「ジョブホッパー」になってしまい、転職をするほど次回の転職で不利な扱われ方をされてしまいます。

もし今の職場から転職をしたいと思ったら、まず自分がなぜやめたいのかということをしっかりまとめておく必要があるのです。

退職の理由として挙げられる主な理由としては、以下のようなものがあります。

・給与が安い
・勤務時間が長い(残業が多い)
・通勤時間が長い
・職場の人間関係がうまくいかない
・セクハラやパワハラなどの問題がある

その他にも、家族の都合でどうしても転職をせざるを得ない場合もあると思いますが、そうした自分由来ではない都合については、まずは人事や上司に相談をしてみることをおすすめします。

問題は上記に述べたような理由が、本当に解決不可能なものであるかどうかということです。
自分なりにどういった解決方法があるかということを個別に考えた上で、本当に転職という選択が正しいかどうかを判断していくようにしましょう。

退職のリスクとは

退職をするときに考慮をしてもらいたいのが、退職によるリスクです。

まず最大のリスクと言えるのが、仕事を辞めることにより収入がなくなってしまうことでしょう。
感情的になって「こんなところ辞めてやる!」というノリで辞めてしまうと、生活の基盤が危うくなってしまうことにもなります。

転職活動をするときにはできるだけ先に活動をして、次の仕事が決まってから退職をするということが望ましいのです。

頭の整理について

退職をするかしないかの判断は非常に難しく、一概に良し悪しを決めつけることはできません。
ただ一つ言えることは、あとで後悔をしないように、十分に考えて行動をするほうがよいということです。

例えば現在よく聞かれているブラック企業では、我慢して勤務をしていると体を壊してしまうことにもなるので、退職の決断は早いほうがよいでしょう。
一方で自分の希望する仕事ではないという場合は、若いうちは下積みで重要な仕事をしないだけで、数年でポジションが代わってくることも考えられます。

転職を考えるときには、今現在だけでなく将来的な視点で改善がないかどうかを考えると、頭を整理することができます。